2023.11.24

日本経済:全国消費者物価(2023年10月)物価の上昇基調は一服、今後はサービスで価格転嫁進む

10月の全国消費者物価は、政府による電気・ガス代への補助金が半減された影響で、生鮮食品を除く総合(コア)の前年同月比は+2.9%と前月の+2.8%から伸びを拡大した。一方、生鮮食品とエネルギーを除く総合(コアコア)は前年同月比+4.0%と9月以降2か月連続で鈍化した。食料工業製品などの財では価格転嫁が落ち着き、物価の上昇基調は一服している。今後は、来年の春闘で今年を上回る賃上げの動きも出ており、賃金上昇を背景としたサービスへの価格転嫁が広がる見込みである。そのため、コアは鈍化していくとみられるが、2%を下回る可能性は低いだろう。

執筆者紹介

主任研究員 中浜 萌

執筆者紹介ページを表示