2023.12.22

日本経済:全国消費者物価(2023年11月) 財への価格転嫁は一巡、今後はサービスで値上げ広がる

11月の消費者物価は、生鮮食品を除く総合(コア)で前年同月比+2.5%と10月(+2.9%)から伸びを縮小。生鮮食品とエネルギーを除く総合(コアコア)でも、前年同月比+3.8%と3か月連続で鈍化し、物価上昇率のピークアウトが確認された。内訳をみると、財では価格転嫁の動きが一巡している一方で、サービスではインバウンド需要の高まりや人件費の上昇を反映して、値上げが継続している。今後も、コアは鈍化を続けると予想されるが、人手不足が深刻なサービス分野では、賃金上昇を反映した値上げの動きが広がる可能性が高く、コアが2%を大幅に下回る状況にはなりにくいだろう。

執筆者紹介

主任研究員 中浜 萌

執筆者紹介ページを表示