2023.04.28

日本1~3月期1次QE予想:ウイズコロナ移行で個人消費は急回復も財輸出の大幅減で設備投資が停滞(前期比年率+0.9%)

1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.2%(年率+0.9%)とプラス幅が小幅拡大の見込み。ウイズコロナへの移行に伴い個人消費がサービス分野を中心に急回復。ただ、インバウンド需要がサービス輸出を押し上げたものの海外景気悪化などで財輸出は大幅減、設備投資に様子見の動きが広がり、成長率を押し下げた模様。4~6月期は個人消費の回復が継続、輸出の下げ止まりと設備投資の再拡大で成長加速を予想。

執筆者紹介

チーフエコノミスト 武田 淳

執筆者紹介ページを表示

上席主任研究員 石川 誠

執筆者紹介ページを表示

主任研究員 中浜 萌

執筆者紹介ページを表示